NCSAパーソナルトレーナーになって…

お世話になっております。

先日、自宅にとある荷物が届き開封してみると…

NSACジャパンより永年会員20年の記念メダルと表彰状が届きました。

NSCAとはNSCA(National Strength and Conditioning Association)とは、会員数が世界的に多い権威のあるストレングス&コンディショニングの教育団体です。1978年にアメリカで設立され、現在では世界各国に約33,000人の会員が所属しています。

1991年にNSCAジャパンが設立され、1995年には日本語での認定試験が開始されました。

認定試験の一つに【NSCAパーソナルトレーナー】があります。

私は20年前にNSCAパーソナルトレーナーの資格を取得致しました。

この資格は数日間の講習会参加などで取得できるトレーニング系の資格と違い、パーソナルトレーナーに必要とされる知識を分野ごとに分けて150問程度の問題を3時間の試験で行う、ややハードル高めの資格試験です。

また、取りっぱなしの資格ではなく3年毎に更新があり、必ず更新単位を取得する必要があります。つまり3年の間に講習会に参加し勉強する機会があります。

近年はパーソナル専門ジムやフィットネスブームも重なりパーソナルトレーナーは一般的に浸透してきましたが、20数年前はそのような事はなく一部の方のものでした…

また、パーソナルトレーナーの世界では資格は必須ではなく自身がパーソナルトレーナーだと名乗ればパーソナルトレーナーになってしまう現状もありますが…。

私は現在はフィットネスクラブには勤務しておりませんが、空手道MAC 東京・江戸川道場へ少しでも正しい技術と知識を還元できればと思っております。

 

空手道MAC 東京・江戸川道場
代表 栗原啓二