本日(9/13)の空手術クラスは…

お世話になっております。

今年はオリンピック種目で空手道も活躍しましたが、そのWKF空手にはオリンピックには採用されませんでしたが、型の団体戦があります。

3人一組で型を行い、後半には分解組手と言う型で使う動作を実際にダイナミックに受け返しする組手演武があります。

これがとてもカッコいいんです!

それで我が道場でも月曜日の空手術クラスでも時々、グループを作て分解組手のまねごとをしています。

子ども達が普段空手の稽古で教わった技を思い出しながら、3人で相談しながら演武を作り上げます。必ず創作する時間の前に、子ども達に日本代表の団体型の演武のYouTubeを見てもらってからグループごとの稽古に突入です!

それを見てイメージを持ってもらいます。

今回はりく君、りんんすけ君、めいなちゃんにリーダーになってもらい3チームで分解組手の演武を創作してもらいました。

約30分の稽古時間の後、チームごとに発表します。

栗原が審判員になり【技術点】【芸術点】【総合点】に分けて点数を付けて順位を決めます。

各チームそれぞれ技の攻防を行って演武を作り出しますが、どうしてもフルコンタクト空手の道場なので型の分解組手と言ってもフルコンっぽい動作になってしまいますが、教わった技を使ったり、少しでも過去の稽古を思い出して工夫する事が出来れば稽古の意図としては良いかなっと思います。

今回は初めての分解組手演武の参加も多かったのでこれからに期待ですね!

ちなみにりく君チームが優勝しました!

空手道MAC 東京・江戸川道場では、このような通常稽古以外のクラスも充実して稽古できます!

只今、秋のキャンペーン実施中です!

この機会に見学・体験からいかがでしょうか?

お待ちしております。

空手道MAC 東京・江戸川道場
代表 栗原啓二